東村山市の出張写真撮影

東村山市の出張写真撮影カメラマンフォトサービス予約依頼

出張撮影 東村山市

当サイトをご覧くださり、ありがとうございます。こちらのページでは東村山市でのプロカメラマン(プロ写真家・フォトグラファー)による出張撮影サービスを紹介しています。

 

本サービスでは、赤ちゃん写真・キッズフォトから結婚写真・ウェディングフォト、還暦祝いといった家族写真を中心に各種記念写真を気軽にご依頼いただける安心価格で承っております。

 

▼サービス内容・ご利用料金等の情報につきましては、下記の公式ホームページにて詳しい記載がございます。

ロケーションフォト

 

▼撮影ご希望日まで日数が少ない方は下記窓口よりお問い合わせくださいませ。

ロケーションフォト 依頼

 

≪地域情報≫

 

▼概要
東村山市(ひがしむらやまし)は、東京都の多摩地域北部にある市である。東京都特別区部への通勤率は29.3%(平成22年国勢調査)。
高田馬場駅まで西武新宿線で最短27分という地の利から、ベッドタウンとして開発が進められた。

 

▼歴史
1889年4月1日の町村制施行の際に、北多摩郡野口村・廻田村・大岱村・久米川村・南秋津村が合併して東村山村(ひがしむらやまむら)となった。村名は、この一帯を村山郷といい、村域がその東部にあったことによるものである。
1894年以来2社8線9駅の鉄道が市内に通じ、古道以来の交通の要衝であったところに近代には周辺村からの人の流れと物資の集積地としての機能が発生し、鉄道開通による宅地化が進むなかで、現在の栄町一帯は西武新宿線開通後、東京都内の沿線では田無に次ぐ商業地域となっていく。
1942年4月1日に東村山町(ひがしむらやままち)となった。この段階では、東京府内の隣接自治体で最も早い町制であった。

 

1964年4月1日に東村山市となった。市制と同時に現在の各町が設置され、前後して富士見町に私立中学高校が複数開校し、1967年には新青梅街道、1973年には武蔵野線が開通し、ベッドタウンとして開発が進められ、都営住宅や団地、官公庁住宅の整備が行われ、現在の市の姿となる。

 

▼地理
市域は象の頭部を正面から見たような形をしている。武蔵野台地のほぼ中央、狭山丘陵の東縁に位置する。市内を流れる川(空堀川・野火止用水など)は荒川に注ぎ、多摩川に注ぐものはない。

 

空堀川は台風が来たときなどの大雨が降る度に溢れそうになるほどの水量となっていたが、流路の変更(直線化)、川幅を広げる等の大規模な河川改修工事が完了し、その一部は親水公園となっている(かつて川から水が溢れて、川に隣接する大岱小学校の校庭が水に浸かったことがあった)。

 

当市の出身者でコメディアン、俳優の志村けんの『東村山音頭』によって全国的に市名が知られることとなった。その中にも出てくる多摩湖(村山貯水池)はほとんどが西隣の東大和市にあるものの、新宿副都心開発により閉鎖された淀橋浄水場の代替地となった東村山浄水場があり、都民が恩恵にあずかっている。

 

市の西部に狭山丘陵の東の縁があるが市域の大半は武蔵野台地の平坦な土地である。江戸時代の初めに幕府の老中、松平伊豆守信綱が掘らせたことから伊豆殿堀とも呼ばれる野火止用水や狭山丘陵から流れ出している空堀川から水利を得て、畑作が盛んなところだった。